意図的な忘却、管理された異常精神

再々掲「これは何の苦行だろう」。
この記事は、2014年8月15日の二つの記事、「これは何の苦行だろう(1)」、「これは何の苦行だろう(2)」に注釈をつけて2016年5月8日に再掲した記事「これは何の苦行だろう」に若干修正を加えて再掲したものです。ジョージ・オーウェルの言う「二重思考」(=「管理された異常精神」=個人の信仰体系(ものの見方)の中の矛盾に対する、よく訓練された、意識的な、知的な無視のかたち)は、三橋貴明自身の中に、また、三橋信者や安倍信者など、カルト化した大衆の中にはっきりと見てとることができます。

以下、再掲文です。

私が三橋貴明にこだわるのは、安倍政権を/が生み出した、大衆扇動の一つの象徴的存在であり、記録に残すべきモデルケースだと考えるからです。

テルトゥリアヌスという古代のキリスト教の思想家が、「非合理なる故に我信ず」という有名な言葉を残しましたが、三橋貴明の言論の特徴は、意図された非合理性にあります。それは「管理された異常精神」を作り出すべく意図された非合理性です。

三橋貴明の矛盾に満ちた非合理な言論は、ジョージ・オーウェルのディストピア小説『1984年』に登場する「二重思考」に酷似しています。

二重思考は、個人の信仰体系(ものの見方)の中の矛盾に対する、よく訓練された、意識的な、知的な無視のかたちである。二重思考は、心の中で悪いことを考えながら外面では善を装う「偽善」や、複数の対立する立場のどれにも味方しない中立的な思考と関連があるが、はっきりと異なっている。二重思考をする者は偽善者と異なり、自分の心の中にある対立した信念を同時に信じ込み、対立が生み出す矛盾のことを完全に忘れなければならない。次には、矛盾を忘れたことも忘れなければならない。さらに矛盾を忘れたことを忘れたことも忘れ、以下意図的な忘却のプロセスが無限に続く。オーウェルはこれを「管理された異常精神」と書いている。

(出典: Wikipedia「二重思考」)


三橋貴明や、三橋信者の精神構造はまさにこれに該当します。

三橋貴明の中に内在化されている「意図的な忘却のプロセス」は、彼の不合理な言論を通じて、ウィルスのように大衆の中に伝染し、「管理された異常精神」を増殖させていきました。

三橋貴明が展開してきた言論と、それが大衆の中に引き起こしてきた反応は、今後、社会心理学の研究テーマとして扱われるに値する事例であると思います。

以下、古い記事の再掲です。

三橋信者たちの、あまりに自虐的な我慢比べ。

熱い湯は熱い。

冷たい水は冷たい。

辛いものは辛い。

甘いものは甘い。

あたりまえの話ですが、このような、あたりまえのことがわからない人たちがいます。

消費税増税推進、移民推進、新自由主義推進の自民党を支持すれば、消費税が増税され、移民が推進され、新自由主義が推進されることは当たり前なのに、「自民党しかない」といってわざわざ自民党を支持しながら、

「なぜ、消費税増税がされるんだ」
「なぜ、移民政策が推進されるんだ」
「なぜ、新自由主義政策がなされるんだ」

と大騒ぎをしている三橋貴明と、その周りに群がる人々です。

それはまるで、自分で熱い湯に浸かりながら、

「なぜ、熱い湯は熱いのだ」

と大騒ぎをし、

自分で冷たい水につかりながら、

「なぜ冷たい水は冷たいのだ」

と大騒ぎをし、

自分で唐辛子をたっぷり食べ物にふりかけながら

「なぜ唐辛子は辛いのだ」

と大騒ぎをし、

自分で砂糖をたっぷり食べ物にふりかけながら、

「なぜ砂糖は甘いのだ」と

と大騒ぎする人々に似ています。

熱い湯がいやなら、熱い湯から出ればいいだけの話なのに、「熱い湯じゃなきゃだめだ」と選択肢を自らせばめておきながら、「湯が熱い」と騒ぎ続ける。

「うぉぉ、熱いい。しかし、三橋先生なら、熱い湯を冷たくして下さるはずだ、うおぉぉぉ。」

とあり得ない期待を寄せながら、いつまでも熱い湯につかり続ける。

だから、私は、「これはいったい何の苦行なんですか」と、三橋信者たちに問わずにはいられないのです。

このような不思議な現象がおきる原因は、三橋貴明の言論そのものの中にあります。

「消費税増税反対、移民反対、新自由主義反対」

と、自民党と正反対の経済政策を掲げながら、同時に、

「自民党が唯一絶対の愛国保守政党だ」

と、自民党員として、自民党絶対支持を掲げる。

「熱い湯は危険です」

といいながら、

「熱い湯につかりなさい」

と命じる。

その結果、三橋信者は、三橋の言論の中に仕込まれた二律背反の「泥沼」の中で、いつまでも、もがき続けることになります。

この「泥沼」から抜け出したくなっても、

「泥の中をかき分けて進みましょう。」

と、三橋に連れ戻されます。

だから、三橋信者ほどには自虐的ではなく、我慢強くない、普通の感覚の人々は、三橋の言論という蟻地獄に近づくべきではありません。

(出典: WJFプロジェクト「これは何の苦行だろう(1)」2014年8月15日)


三橋貴明の言論は「無害」になったのか?

「熱湯は危険だ」

といいながら、

人々を熱湯の中へと誘導した三橋貴明。

最初は、

「このお湯が熱いと言うのはマスコミの飛ばしです」

などと言って、熱湯であることに気づかないふりしてとぼけていましたが、

「三橋先生、このお湯は熱いです、これはまさか熱湯ではありませんよね?」

という疑問の声が高まってようやく、

「なんとまあ、これは熱湯です」

と驚いたフリをしながら、ようやく認めた三橋貴明。

そんな三橋貴明をさして「三橋貴明は無害になった」という人たちがいますが、それは本当でしょうか。

三橋は、熱湯の中に、苦しみながらも我慢強く浸かり続ける人々にむかって

「確かに、これは熱湯です」

とか、

「このお湯は突然熱くなりましたよね」

とか、

「みなさん、このお湯は熱すぎます。摂氏60度もあります」

とか、

「みなさんは、このままではゆでだこになります」

とか言っているにすぎず、

「みなさん、このお湯は熱湯です。危険なので、ただちに熱湯から出てください」

と言っているわけではありません。

むしろ、

「私は、みなさんがつかっている湯釜やボイラーを壊すつもりはありません」

と断言する有様です。

そんな三橋に対して、熱湯の中で苦しみ続ける三橋信者は、そもそも、その熱湯の中に彼らを誘導したのが三橋貴明自身であったという事実にふたをしたまま、

「三橋先生はさすがだ。熱湯が熱いことを認めてくださった」

「三橋先生の言論は無害になった」

「この熱湯を冷ましてくださるのは三橋先生しかいない」

と喜ぶ始末です。そして、周りの人々に向かって、

「熱湯を冷ます力があるのは三橋先生しかいないのだから、みなさんも、三橋先生が勧める通り、この熱湯の中に入っていらっしゃい。」

と呼びかけています。

そもそも、熱湯に入らなければ、湯を冷ます必要もないのですが、まったくこれはどういう種類の苦行なのでしょうか。

(出典: WJFプロジェクト「これは何の苦行だろう(2)」2014年8月15日)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

さすがWJFさん、たとえが傑作でわかりやすいです。

どうして彼らは三橋が自民党に誘導しようと、逮捕されようと、著名な言論人から若干距離を置かれようと、三橋にこだわり続けるのでしょうか?

経済政策なら三橋と同じ経済政策を主張している言論人が他にもいるのに、何故日本に害のある三橋じゃないとダメなのかその理由がサッパリ解りませんね。

No title

三橋貴明のブログ名は「新世紀のビッグブラザーへ」。三橋自身がこのテーマ「二重思考=洗脳」に無自覚であったはずは無いと考えている。

三橋が企画監修した「顔のない独裁者」を実際に執筆したさかき漣はどのような思いで書いたのだろうか?興味深いツイートがある。

https://twitter.com/rensakaki2016/status/938529394837954560
さかき漣/RenSakaki‏
@rensakaki2016

私は元来、誰かを「敵」や「悪」などと決めつけるのがキライです。

ですから、何かの事象で私が不利益を被っても、表面的には「みんながうまくいくよう、この件は黙っていよう」と判断することが多いです。

ただ唯一、例外があり。
この7年間で、私が糾弾したかった人間が、ひとりだけ、いました。

14:03 - 2017年12月6日

https://twitter.com/rensakaki2016/status/938531816545271808
さかき漣/RenSakaki‏
@rensakaki2016

しかし、その人物を表立って批判することは出来なかったので、苦悩いたしました。

苦肉の策で、自分の作品のなかで「暗喩として」、その人物への批判を表明しました。

『顔のない独裁者』のGKと、『エクサスケールの少女』の承和(そが)は、その人物をモデルとしています。

14:13 - 2017年12月6日

https://twitter.com/rensakaki2016/status/930475885500686336
さかき漣/RenSakaki‏
@rensakaki2016

でも、誰か特定の政治家や政党を批判したくて書いたわけではありません。私は、特定の政治家を悪者にして、一方的に批判するのが好きではありません。
『顔のない独裁者』で私が批判したかったのは、私の身近にいた「右寄りの人物」と「その信奉者」たちの、まるでカルトのような、様々の行動でした。

8:41 - 2017年11月14日

https://twitter.com/rensakaki2016/status/930476704350461952
さかき漣/RenSakaki‏
@rensakaki2016

この『顔のない独裁者』に関しては、、企画監修者とわたしとの間に、作品にこめた意図に大きな乖離があるかと思います。

8:45 - 2017年11月14日

https://twitter.com/rensakaki2016/status/930748223026634753
さかき漣/RenSakaki‏
@rensakaki2016

返信先: @rensakaki2016さん、@oono_nさん、@satosiTSさん
大野先生のご指摘のとおり、顔のない独裁者は、大衆批判を主とした作品です。ある人物を尊敬したり影響を受けるのは悪いことではありませんが、その人物を盲信しては、ただの思考停止に陥るだけだと考えております。これは何も右派だけでなく、左派にも言えることだとは思いますが、

2:44 - 2017年11月15日

https://twitter.com/rensakaki2016/status/930749093927727104
さかき漣/RenSakaki‏
@rensakaki2016

返信先: @rensakaki2016さん、@oono_nさん、@satosiTSさん
わたしは過去7年間の作家生活で、「一部の右派の悪いところ」を数多く見ました。だから、批判しなければならない、と思いました。これは、私が一定期間「右派の小説家およびコラムニスト」として活動していたからこそ、すべき行為だと考えています。自戒をこめて、右派の悪いところを批判したのです。

2:47 - 2017年11月15日

https://twitter.com/rensakaki2016/status/930750227346178049
さかき漣/RenSakaki‏
@rensakaki2016

返信先: @rensakaki2016さん、@oono_nさん、@satosiTSさん
しかし、もちろん、全ての右派の方々が悪いわけではありません。私は、自分がよく知らない人物や事象について批判することが、大キライです。が、私の非常に身近にいた「右寄りの人物」と「その盲信者」については、非常につぶさに見たため、彼らについて批判するのは私の使命だと思いました。

2:52 - 2017年11月15日

https://twitter.com/rensakaki2016/status/930751511059054593
さかき漣/RenSakaki‏
@rensakaki2016

返信先: @rensakaki2016さん、@oono_nさん、@satosiTSさん
ちなみに、その「右派の人物」は、『顔のない独裁者』では右派の政治家である「GK(駒ヶ根岳人)」として、『エクサスケールの少女』では右派の政治家「承和(そが)」として、登場しています。実在する、同じ人物をモデルとしています。

2:57 - 2017年11月15日

https://twitter.com/rensakaki2016/status/930756013774401536
さかき漣/RenSakaki‏
@rensakaki2016

返信先: @rensakaki2016さん、@oono_nさん、@satosiTSさん
繰り返しになりますが、GK(駒ヶ根岳人)と承知(そが)のモデルとした人物は、政治家ではありません。

3:15 - 2017年11月15日



さかき漣はこう言っているのだ。

『この7年間で、私(さかき漣)が糾弾したかった人間が、ひとりだけ、いました。

しかし、その人物を表立って批判することは出来なかったので、苦悩いたしました。
苦肉の策で、自分の作品のなかで「暗喩として」、その人物への批判を表明しました。
『顔のない独裁者』のGKと、『エクサスケールの少女』の承和(そが)は、その人物をモデルとしています。

『顔のない独裁者』で私が批判したかったのは、私の身近にいた「右寄りの人物」と「その信奉者」たちの、まるでカルトのような、様々の行動でした。

この『顔のない独裁者』に関しては、、企画監修者(三橋貴明)とわたし(さかき漣)との間に、作品にこめた意図に大きな乖離があるかと思います。

顔のない独裁者は、大衆批判を主とした作品です。

わたしは過去7年間の作家生活で、「一部の右派の悪いところ」を数多く見ました。だから、批判しなければならない、と思いました。これは、私が一定期間「右派の小説家およびコラムニスト」として活動していたからこそ、すべき行為だと考えています。自戒をこめて、右派の悪いところを批判したのです。

ちなみに、その「右派の人物」は、『顔のない独裁者』では右派の政治家である「GK(駒ヶ根岳人)」として、『エクサスケールの少女』では右派の政治家「承和(そが)」として、登場しています。実在する、同じ人物をモデルとしています。

GK(駒ヶ根岳人)と承知(そが)のモデルとした人物は、政治家ではありません。』


WJF氏による三橋貴明批判と通底した問題意識を有していたことがわかる。
ネット言論創成期における大衆扇動モデルとして考えられるべき問題といえる。
人間心理の闇がある。風化させてはいけない所以である。

WJFプロジェクトについて
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
憲法改正は天皇制の崩壊につながる

今後、皇室を敬愛しないであろう移民や日本国籍を取得する外国人が増え、憲法改正の手続きが簡易化され、憲法改正が頻繁に行われるようになれば、天皇の地位は守られていくどころか、逆に脅かされることになります。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。